フォトギャラリー


霊性と知性を兼ね備えた天一国指導者養成の搖籃!鮮鶴UP大学院大学校

フォトギャラリー

190501_水曜チャペル_イム ヒョンジン 教授

筆者 : 공동계정   /   日付 : 19-05-12 20:56   /   照会 : 5

본문

仁者無敵


林玄鎮教授


.


今日皆様と一緒に'人才無敵'という主題で話を交わしたいと思います。 "人字無敵"は孟子の一節に書かれている言葉で,"負けた人は敵がない"という意味を持つ四字成語です。 御職は人偏に二二字が入っています。 漢字形成の意味としては二人の利子で象徴される天と地を横にいる人が抱いて包んでいるのに善良という意味です。 人が立って天と地のすべての生命を包み込むことなので,仁はすぐ善良,慈しみ深,万物を生むという意味で使われるようになりました。


他の表現から見れば,これは愛だと言えます。 それで学者は仁の事を愛と表現したりもしました。 孟子は仁野自こそ合而言之道也と言います。 愛,すなわち仁は,人間である。人と愛,すなわち仁が合えば,それがまさに"道"だ。 という意です。世の中の現実的な人々は,孟子のこのような論理を非常に理想的で非現実的と言ってきました。 慈しみ深い人で民に善良な政治を施し,刑罰を減らし,税金を少なく徴収して民が経済活動をよくできるようにし,立派な徳目を休みに教えながら親·兄弟·笑いをよく仕えるようにすれば軍事力で経済力で徳のない政治をするどの帝国との戦いでも勝てるという見解を広げたからです。 実は,歴史の中で孟子の助言を求めていた楊惠王は,孟子の言葉に従うことのできる人物になれなかったのです。 洋恵王の上は結局,秦に征伐され,歴史から消えました。 いや,その後,いかなる人々も共生·共栄·共済の世界をともに豊かに生きる精神と徳目が生きている世界を作ることができませんでした。



一方で,歴史上,人子と呼ばれた方がいます。 イエスキリストです。 聖書上でイエス・キリストは自らインジャという称号を40回以上使用されました。 イエス・キリストは因子として罪を許すことができる権限を持つ者(マタイ2:10)であり、安息日のオーナー(マルコ2:28)と教えました。 キリスト教的にイエスは,因子として,世間の罪を犯し,代わりに十字架につけられて苦難にさらされ,死んだメシアに理解されます。 イエスは,孟子の仁の徳目を実践した人かもしれません。 イエス・キリストは"7度だけでなく、70度ずつ7度でも寛大に許すあると"(マタイ18:22)と言って敵を許して愛しなさい教えました。 "苦労して重い荷を背負った君たちはみんな僕に来るよ。 私はあなたに安息を与える。私は心が穏やかで謙遜なので,私のあざを抱いて私に学ぶ。 それではお前たちが安息を得るでしょう"と言って,愛のモデルになりました。 孟子の民を世話する因子の徳のようにイエス・キリストまた、"隣人を自分と一緒に愛せよ"(マルコ22:39)しました。 しかしイエス·キリストは行く先々で人々に憎まれました。 無慈悲といわれていましたが,イエスは愛を実践され,かえって人から後ろ指を指さなければならなかったです。 さらには,ユダヤ人の王という名で十字架につけられて亡くなりました。



 

イエスが実践なさった理想が,神様の意志がこの地を生きていく既成化された宗教人,権力者,世俗化した市民に苦痛だったからです。 自己中心的な生き方をして自分のために生きることは堕落人間の生理ですが,そんな人生の堕落性を分立して変化しなさいとおっしゃるイエス·キリストをユダヤ民族とローマ人が受け入れることができなかったです。 丸ごと自分の人生を変えて相手を愛してとしたイエスキリストの言葉をペトロ、ヨハネ、ヤコブのような恋する三人の弟子も応じることができなかったのです。 印字でいらっしゃったイエス·キリストは,愛を実践するのに模範となった人物でしたが,家庭を築き,理想世界を現実に実現して生きられず,十字架にかけられ,英溪に行き来なければならなかったです。



愛する神学有被大学院大学,家族の皆さん! 孟子やイエス·キリストや人々を本当に愛し,彼らが病気から癒され,苦痛から解放され,ともに豊かに暮らせる世界を夢見たことを私たちはよく知っています。 本日ご両親もおっしゃっています。統一教会の理念は大韓民国よりも世界のために,今だけでなく過去と未来のために生きるということです。 他人のために生きる範囲が大きければ,そこには家庭も,種族も,民族も,国家も,世界も,天主も,神も含まれると言いました。 しかし,本当の両親の為に生きるように,という教えも,世の中で愛され,尊敬される道ではありません。 むしろいばらの道のような道です。自分の利益と欲望に集中し,他人と無限競争してでも勝とうと決心する者から敵対され,罪に問われて苦しむ道かも知れません。



孟子やイエスや成人たちは目上の人が下の人の困難を察すると目下の者はその下の人の困難を察し,その下の人はまたその下の人の困難を察することになるそうです。 参父母も,そのために生きていけば,共生共栄共儀の世界,平和異常世界,天一国が来るそうです。 お互いを本当に大事にできる天国が来るということです。 しかし,その道は生命の道,平和の道です。 私たちを不便にさせ,敵対的な人まで抱ける愛の道です。



使徒パウロはローマ書12枚21節で"悪に負けないでて善を持って悪をもって打ち勝てと"と言います。 本日,皆様にお申し上げたいのは,他者との関係において,この世の中で結ばれる種族と民族と国家と世界の関係において,我々は苦しみ,敗北してはならないということです。 イエスのキリストのように十字架に走って死んでもいけないし,孟子のように理想を実践する理想国家を現実で立てることを止めても駄目です。 ご両親の言葉のように,神様から授かったために生きるという法道を実践して,私とお前が世の中を変えて行く道を作っていかなければなりません。 本日,皆様が因子として無敵の存在として生まれ変わることを願います。 皆さんが仁子,英雄になった時,世の中の堕落性と罪に苦しむ私たちを敵対する者も,結局私たちの味方になり,仁慈無敵が実現する世界がやってくるでしょう。 今日,私たち一緒に人子が無敵になる世の中を作っていくことを願いながら,話が終わります。

  • 페이스북으로 보내기
  • 트위터로 보내기
  • 구글플러스로 보내기

경기도 가평군 설악면 미사리로 324-211 선학UP대학원대학교 / 전화 : 031-589-1500 / 팩스 : 031-589-1559
12461 GYEONGGIDO GAPYEONGUN SORAKMYEON MISARIRO 324-211
SunHak Universal Peace Graduate University
Copyrightⓒ선학UP대학원대학교 2013., All rights reserved.